健診車両のご紹介|一般財団法人 京浜保健衛生協会

検診車両のご紹介

検診車両のご紹介

巡回健診なら会社から移動せずに健診が可能です。

近年、テレビなどの家電製品をはじめ、様々なものがデジタル化していく中、いち早く設備の充実を図り、当協会で使用するレントゲン車のデジタル化を完了し、より精度の高い健診環境を整えています。またお身体の不自由な方でも無理なく受診いただけるよう、車椅子用リフトを備えた検診 車もご用意しております。

検診車両にAEDを搭載

検診車両にAEDを搭載

昨今、救急救命を行うためAEDを設置する施設が増えております。当協会でも社会貢献活動の一環として検診車両※にAEDを搭載しました。
※2019/04現在は、胃部レントゲン車のみ(6台)

検診車両外寸

巡回健診ではレントゲン車の駐車場所を確保いただく必要がございます。近隣に駐車場所が確保出来ない場合でも、渉外担当者が現地を確認させていただきますので、下記フォームよりお気軽にお問い合せください。
※正確な数値は車両により異なります。

胸部レントゲン車

長さ 750cm
250cm
高さ 350cm

胸部レントゲン車

胃部レントゲン車AED搭載車両

長さ 950cm
250cm
高さ 350cm

胸部レントゲン車AED搭載車両

マンモグラフィ車

長さ 900cm
250cm
高さ 350cm

胸部レントゲン車

車椅子用リフト付きレントゲン車

長さ 760cm
250cm
高さ 350cm

胸部レントゲン車

巡回健診でも乳がん検診(マンモグラフィ)が受けられます

乳がん検診車導入のお知らせ

京浜保健衛生協会では、2013年4月より財団法人日本宝くじ協会の助成により、乳がん検診車を導入しております。働く女性の皆様への付加健診として是非ご用命くださいます様お願いいたします。

マンモグラフィ検査と
乳房超音波検査の同時実施

マンモグラフィ装置と超音波診断装置を1台に搭載することにより、2つの検査を同時に実施することが出来るようになりました。

マンモグラフィ検診
精度管理中央委員会の認定

認定を受けた女性の診療放射線技師が撮影し、認定を受けた医師が読影をすることで精度の高い検診を行うことができます。

画像読影システム

コンピューターにより病変が疑われる部分を自動的に検知し、読影時のサポートをするシステムを導入しています。

乳がん検診車(マンモ車)の写真

ページトップへ戻る