腫瘍マーカー|一般財団法人 京浜保健衛生協会

検査結果項目

腫瘍マーカー

がんが発生すると増えてくる、ある特殊な物質の量を測る検査ですが、この検査だけでがんを特定できるものではありません。また、この物質は健常者にも存在し、良性疾患でも増えてくることがあるため、継続的に検査を受け、数値の推移を確認しておくことをお勧めします。

 

◆集団健診や人間ドックで実施される主な腫瘍マーカー検査
項目
基準値
単位
高値に出るがん
がん以外で高値にでる疾患など
CEA
5.0以下
ng/mℓ
大腸がん・膵臓がん・胆のうがん・胆道がん・胃がん・肺がん
肝硬変・慢性肝炎・胆道疾患・糖尿病・各種炎症性疾患など
AFP
10以下
ng/mℓ
原発性肝がん
妊娠中
CA19-9
37以下
U/mℓ
膵臓がん・胆道がん・胃がん・胆のうがん・大腸がん
胆石症
CYFRA
3.5以下
ng/mℓ
肺がん、食道がん
加齢・良性呼吸器疾患
ProGRP
80.9以下
pg/mℓ
肺がん
腎機能低下
PSA
4.0以下
ng/mℓ
前立腺がん
前立腺肥大
CA125
35以下
U/mℓ
卵巣がん・子宮がん
子宮内膜症、子宮筋腫、月経
抗p53抗体
1.30以下
U/mℓ
食道がん・大腸がん・乳がん・ 子宮がん
CA15-3
25以下
U/mℓ
乳がん
子宮内膜症・肝炎・妊娠中・授乳中

 

※数値が高く出た場合は必要に応じて専門医の診察や再検査、精密検査で総合的に判断してもらうことが重要です。

ページトップへ戻る