15.熱中症クイズ|一般財団法人 京浜保健衛生協会

京浜保健便り

15.熱中症クイズ

保健師便り2017.07.03 1951view

熱中症クイズ〜正しい知識で尊い命を守ろう!〜
熱中症とは…
高温多湿な環境に長くいることで、体の 水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり 体に熱がこもった状態です。平成27年度の統計では、熱中症で亡くなった方は年間968人でした。
その約8割が65歳以上の方です。
周りの方とお互いに体調を気にかけあい予防していきましょう。

ロコチェック

  1. 車の中は冷房をつけていれば、子どもを1人で乗せておいても熱中症の心配はない。
  2. 気温が高くなくても湿度が高いと熱中症になりやすい。
  3. 会話や反応がおかしい時や、自分で水が飲めない時は、涼しい場所で水分を取りしばらく様子を見た方がいい。
答えは、一番最後に!

 

いつ始める?今でしょ!

レベル
症状
対処方法
軽度
めまい、立ちくらみ、大量の汗、筋肉痛、足の筋肉がつる
すぐに涼しい場所へ避難し、水分と多少の
塩分
をとる。服を緩めて体を冷やす。
中等度
頭痛、吐き気、だるさ
上記の軽度熱中症の対処に加え、足を高くして休む。改善しなければ病院へ受診を!
重症
意識がない、会話や反応がおかしい、けいれん、まっすぐ歩けない、高体温、自分で水が飲めない
迷わず救急車(119)を呼ぶ!水や氷で首や脇の下、足の付け根を冷やして待つ。

 

急な暑さに体が対応できない時に起こりやすい!下記の方は特に注意!

ロコモとメタボの関係

※水分や塩分、栄養、運動等の制限がある疾患を治療中の方は、主治医に内容を相談して取り組みましょう

気温と湿度の確認

  • 家に温度計と湿度計や、WBGT計を置き、気温を確認しましょう。
  • 夏季は温度は28℃以下、湿度は40~60%を目安に、冷房や扇風機を利用して調節しましょう。
    夜間は25℃以上の熱帯夜でも熱中症になるリスクが高いため、夜間は特に注意しましょう。
  • 外出先の気温や湿度も確認しましょう。

こまめの水分補給

飲み物を持ち歩き、喉が渇く前にこまめに水分と多少の塩分を補給しましょう。
特に寝る前や 起床時、スポーツ中、入浴の前後は、水分をとる習慣をつけましょう。

詳細は、厚生労働省や環境省、気象庁等の熱中症予防のホームページをご参照ください。

クイズの答え

①× ②〇 ③×

保健師便り

この記事は、神奈川県川崎市高津区にある健診機関「京浜保健衛生協会」が執筆・監修しています。人間ドック/巡回健診/女性のための健診/がん検診など、健診でお悩みの際はお気軽にご相談ください。

一般財団法人 京浜保健衛生協会

ページトップへ戻る